一次エネルギー消費量


概要
一次エネルギー消費量は、以下のエネルギー消費量を合計したものです。
  • 暖房設備
  • 冷房設備
  • 機械換気設備
  • 照明設備
  • 給湯設備
  • 家電・調理など
  • 太陽光発電・コージェネレーション設備
太陽光発電・コージェネレーション設備は、消費量ではなく削減量になります。
従来の省エネ基準では、暖房、冷房に使用するエネルギーの省エネ性に関するものでしたが、今回の改正では給湯や照明なども省エネ対象となります。
また、太陽光発電やコジェネの発電も考慮することができるようになります。
 
計算方法
一次エネルギー消費量の計算は、専用のWebアプリケーションが用意されます
このWebアプリにデータを入力し計算することで、一次エネルギー消費量を求めます。
入力するデータの中には、あらかじめ計算して準備しておかなければならないものがあります。
また、基本的には省エネ手法を使うほど、入力するデータが多くなります。
 
主な入力項目
入力項目は条件によって変化します。
以下は各エネルギーの代表的な入力項目を記します。

暖房設備・冷房設備
  • 単位温度差あたりの外皮熱損失量(q値)
  • 単位日射強度あたりの冷房期日射熱取得量(mC値)
  • 単位日射強度あたりの暖房期日射熱取得量(mH値)
  • 自然風の利用
  • 蓄熱の利用
  • 暖房設備
  • 冷房設備
機械換気設備
  • 換気設備の方式
  • 機器に応じた省エネ対策
  • 換気回数
  • 有効換気量率
  • 熱交換
照明設備
  • 設置の有無
給湯設備
  • 給湯熱源機の種類
  • 配管方式
  • 水栓について
  • 太陽熱給湯
太陽光発電・コージェネレーション設備
  • 太陽電池アレイのシステム容量
  • 太陽電池アレイの種類
  • 太陽電池アレイ設置方式
  • 太陽電池パネル設置方位角、パネル設置傾斜角
  • コージェネレーションの種類


外皮平均日射熱取得率 平均日射熱取得率 省エネルギー基準改正

 q値、mC値、mH値計算ソフト [ エネカル ]