住宅性能表示・次世代省エネ型

気密測定器 KNS-5000C


日本工業規格JIS A 2201「送風機による住宅等の気密性能試験方法」準拠
(財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)「住宅」の気密性能試験マニュアル」準拠
住宅の平成11年省エネルギー基準「気密性能の測定方法」準拠

KNS-5000C写真 納入実績 No.1
気密測定器
  • プリンタ内蔵で小型・軽量のオールインワンタイプ
  • C値(相当隙間面積)の計算が簡単にできます
 測定風景   小型・軽量
測定器本体はプリンタ内蔵でわずか6.4kg!
取り扱い・持ち運びがさらに簡単になりました
簡単操作
デジタル表示の液晶画面採用
全自動モードはもちろん、セミオートモードでも圧力差の設定・データの取り込みが簡単にできます
全自動測定
スタートボタン一つで全自動測定
C値の計算はもちろん、過去10回分のデータ再印刷が可能
データの記録も100回分OK、パソコンに接続してデータ処理もできます。
     


付属のソフトで(財)建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の住宅気密性能試験結果報告書が作成できます。
測定データはもちろんのこと通気量グラフも自動的に印刷されます。
気密計算・報告書作成ソフト
気密計算ソフト 気密計算ソフト 計算結果
報告書サンプル
  
【気密測定について】
簡単説明:住宅の気密とは建物の『すきま』を意味します。
高気密とは『すきまが少ない』とご理解下さい。 
 
【気密性能C値〔cm2/m2〕について】
測定器を使用して算出される数値は住宅の様々な箇所に開いている小さな隙間の合計(cm2)です。 この合計面積(cm2)を住宅の延べ床面積(m2)で割って数値化したものです。 
 
【気密の測定方法】
気密測定方法 一般に使用される測定装置は、送風機、流量測定器、内外の圧力測定器、内外の温度計などで構成されます。
送風機で住宅内外の圧力差を作り、5点以上の圧力差と流量を測定して、グラフを作成し、そのグラフをもとに総相当隙間面積を算出します。
低気密住宅では、隙間が多いため、送風機で空気を送り出しても、隙間からすぐに空気が流入してくるため、流量を大きくしてもあまり差圧があがりません。それとは逆に、高気密住宅では、少ない流量で差圧を上げることができます。
【性能の基準判断】
気密性能を判断する場合、通常は気密測定を行い、相当隙間面積を算出します。相当隙間面積が小さいほど、気密がいい住宅になります。
断熱性能としての気密を考えた場合、相当隙間面積は2cm2/m2以下を、計画換気を考えると1cm2/m2以下を目標とすべきでしょう。


sales@konasapporo.co.jp
商品についてのお問い合わせ


気密について 気密測定器 HOME

Copyright (C) Kona Sapporo Co., Ltd. All rights reserved.