給排気口の風量を瞬時に測定

風量測定器 KNS-300


KNS-300 KNS-300測定


概要 特徴
住宅・建物の給・排気口の風量測定をする場合は、熱線風速計やピトー管による計測を行いますが、正確に計るには全断面の風量分布を求めなければならないため、時間がかかり大変でした。
また、正確な風量を把握するには、断面風量分を計測しなければならないため時間がかかります。
風量測定器KNS-300型は、半導体センサーを風量検出に使用した弊社独自の技術により、高精度な風量測定を行えるようになっております。給・排気口に当てるだけで瞬時に正確な風量を測定できます。
測定風量が10〜30m3/hと小風量から測定が可能です。
表示部に大型LCD表示が付いていますので見やすく、コンパクトです。
  • 低価格
  • 測定風量が10〜300m3/h
  • 瞬時に正確な測定が出来ます
  • 携帯に便利なコンパクトタイプです
  • 充電式ニッケル水素電池を使用し、約4時間の測定が可能です
  • 充電しながらの測定も可能です
  • デジタル表示で瞬時に値を読み取れます
  • 温度補償付き(0〜50度)
  • 電源 ON・OFFのみの簡単操作
  • 半導体センサー特許出願中
用途 寸法・重量
  • 住宅・建物の給排気口の風量測定が出来ます
  • 換気設備(レンジフード、熱交換換気システム、レジスタなど)の風量が測定できます
  • 部位別(床下、小屋裏)などの換気口の風量が測定できます
表示部外寸
 65mm(W) ×130mm(D)×26mm(H)
計測部外寸
 260mm(W)×260mm(D)×475mm(H)
シャフトの延長範囲
 450〜1060mm
重量
 1.6kg


sales@konasapporo.co.jp
商品についてのお問い合わせ


換気について 換気測定器 HOME

Copyright (C) Kona Sapporo Co., Ltd. All rights reserved.