環境性能バランス

環境性能項目
健康・快適な住宅とは何でしょうか?
快適な住宅は、個人の好みによって大きく異なりますが、ここでは住宅の環境性能から住宅を考えてみます。
環境性能に係わる条件としては、断熱工法(内断熱・外断熱など)、断熱材の種類と厚さ、窓の種類・面積・方位、気密性能、換気量など様々な項目があります。
これらの環境性能は、バランスが非常に重要です。


環境性能バランス


断熱のバランス
  • 断熱材をいくら厚くしても、窓面積が大きければ熱はそこから逃げてしまいます
  • 住宅の断熱性能をいくら上げても、隙間だらけの住宅では自然換気で熱が逃げてしまいます
気密のバランス
  • 断熱材や開口部の断熱性能をよくしても、住宅の気密性能が悪ければ、熱が逃げていきます
  • 気密がよくなった場合、自然換気量がすくなるなるので、二酸化炭素やホルムアルデヒドなどの濃度が高くなるため、計画換気が必要です
換気のバランス
  • 計画換気を行おうとしても、気密性能が悪ければ、風や気温などに影響され、計画的な換気が行えません
  • 換気量が多すぎると、熱が換気で逃げていきます
暖冷房のバランス
  • 暖冷房設備をよくしても、断熱性能が悪ければ無駄にエネルギーを消費します
  • 気密性能が悪ければ、換気量が過剰になり熱損失量が大きくなり、無駄にエネルギーを消費します


気密について 換気について 断熱について 暖冷房について HOME

Copyright (C) 2009 Kona Sapporo Co., Ltd. All rights reserved.